山口達也の本当の病名は双極性障害(躁鬱病)?症状やアルコール依存症の併病も調査!

山口達也の本当の病名は双極性障害(躁鬱病)?症状やアルコール依存症の併病も調査!

4月の末から、山口達也さんの事件についてたくさん報道があったわね。

山口さんはアルコール依存症じゃないかって報道もあったけれど、本当の病名は別にあるらしいわ。

なんと、双極性障害(躁鬱病)らしいの!

躁鬱病ってどんな病気なのか知らない、初めて聞いた人も多いんじゃないかしら。

うつ病の一種なのかな?ってくらいよね。

そこで、

  • 山口達也の本当の病名は躁鬱病の可能性がある!
  • 双極性障害(躁鬱病)の症状や治る可能性は?
  • アルコール依存症との合併症の可能性はあるの?

と言った内容について調べたわ。

この記事を読めば、まだあまり報じられていない真実が分かっちゃうわよ!

山口達也の本当の病名は躁鬱病の可能性がある!

Photo by jesse orrico on Unsplash

山口達也さんの事件で、山口さんはアルコール依存症じゃないかって言われてるわよね。

けれど、実はアルコール依存症じゃないらしいの。

本当の病名は違うらしいのよ。

アルコール依存症じゃないなら、なんの病気なのかしら?

それは、双極性障害(躁鬱病)なんですって。

躁鬱病っていうのは、エネルギーの高まった躁状態とエネルギーが低下している鬱状態が交互にある気分に波のある病気なのよ。

病気になる原因は、遺伝が最も強いけれど、ストレスや生活リズムの乱れでなることもあるみたいね。

精神病だし、解明されていない部分が多い病気なのよ。

うつ病って漫画があったりどんな病気なのか想像つくけれど、躁鬱病ってどんな病気なのかよくわからないわよね。

マライア・キャリーが躁鬱病であることを告白しているけれど、告白しても問題ない病気なのかしら?

全く想像がつかないわね。

まずは、躁鬱病はどんな症状が出るのか調べてみたわ。

 

双極性障害(躁鬱病)の症状とは?

そもそも躁鬱病ってどんな病気なのかよく知らない人も多いんじゃないかしら。

もちろん、ワタシもその1人よ。

そこで、躁鬱病はどんな症状があるのか調べてみたわ。

  • 躁病相(状態)
  • 軽躁病相(状態)
  • うつ病相(状態)
  • 混合病相(状態)

を不安定に繰り返す病気らしいわ。

エネルギーの高まっている躁状態と軽躁状態、エネルギーの低いうつ状態と躁状態とうつ状態の混合の4つの状態が繰り返されるみたいね。

躁状態とうつ状態の2つなのかと思っていたけれど、細かく分けると4つに分かれるのよ。

すごく複雑な病気みたいだってことが分かるわ。

自分が望まないのに気持ちが高まったり低くなったりするわけだから、病気になった本人はきっと辛いわよね。

自分でコントロール出来ないのは苦しいんじゃないかと思うわ。

次に具体的にどんな行動が起きるのか調べてみたわよ。

 

躁状態

最初に躁状態ってどんな行動を起こすのか調べてみたわ。

  • 不要な物を大量に買ったり、衝動的に高額な買い物をする
  • 危険な投資や事業計画をしてしまう
  • 社長に直訴したり、上司に怒鳴り散らしたりする
  • 昼夜問わず友人や家族に連絡をする

これだけみると結構普通なんじゃないかと感じるかもしれないわね。

でも、よく考えてみて。

本当は必要が無いのに高額な買い物をしたり、大量に買い物をするのよ。

躁状態のときは記憶が曖昧になるらいしから、気がついたらお金が全くないってことになっちゃうんじゃないかしら。

それに相手が誰かっていうのも構わず怒鳴り散らしたりするっていうのも怖いわよね。

何が原因かわからないんだから、ワタシだったらいつ怒鳴られるか分からなくて終始緊張しちゃうわよ。

基本症状

  • 気分高揚・爽快気分:気分がスッキリし、ハイテンションに
  • 易怒性・易刺激性:些細な事に敏感になり、怒りっぽくなる
  • 活動性の亢進:1日中活動しても疲れにくい
  • ハイテンションなのはいいけれど、些細なことにも怒りっぽくなるのは困っちゃうわよね。

しかも一日中活動しても疲れにくいってことは、寝ずにずっと活動できるってことよ。

ハイテンションで怒りっぽい人が、寝ずにずっと活動しているのははっきり言って迷惑よね。

一日も早く治療をしたほうが良いと思うわ。

ただ躁鬱病って本人も周りも分かりにくいらしいから、病院に行くのが遅くなりそうね。

 

鬱状態

次にうつ状態について調べたわ。

  • 抑うつ気分:気分の落ち込み
  • 興味や喜びの喪失:自然にでてくる興味や感情がなくなる
  • 易疲労感:疲れやすさを感じる
  • 食欲の異常:食欲低下や過食
  • 睡眠障害:不眠や過眠
  • 意欲・気力低下:何かをしようという気持ちが起こらない
  • 思考力低下:物事を考えて決断ができない
  • 自責感や無価値観:過剰に自分を責め、自己肯定できない
  • 希死念慮:繰り返し死ぬことを考える

うつの症状は、うつ病と同じね。

気分が落ち込んだり、行動を起こす意欲が起きなかったり、うつ状態っていうのは自分でも判断がつきやすいんじゃないかしら。

けれど、判断がついたからって病院に診断に行くような元気はないとおもうのよね。

結局症状が和らぐまでまって、良くなったと思って病院にはいかないっていうパターンになるんじゃないかしら。

さらに気分が高まっている状態と、うつ状態が交互に来るから、うつ病じゃなくて一時的に落ち込んでしまっただけと思いそうよね。

文字で表現するのは簡単だけど、実際に判断するのは難しい病気なのかもしれないわね。

 

アルコール依存症との合併症の可能性は?

双極性障害(躁鬱病)っていうのは、他の精神病と合併症が起きやすい病気なんだそうよ。

山口達也さんは、当初アルコール依存症じゃないかって報じられていたわね。

アルコール依存症との合併症はありえるのかしら?

合併症としては、様々な不安障害、摂食障害、アルコールなどの依存症、パーソナリティ障害などが多く認められます。合併症については、双極性障害Ⅱ型の方がⅠ型よりも多く認められます。

不安障害は最も多く、およそ75%の方に何らかの不安障害が合併しているといわれています。アルコールや薬物などへの依存も多く、双極性障害Ⅰ型で50%以上、Ⅱ型で37%という報告もあります。

引用:元住吉こころみクリニック

アルコール依存症との合併症は充分考えられるみたいね。

アルコール依存症の症状も充分当てはまるように思えるから、躁鬱病とアルコール依存症を併病している可能性が高いわね。

病気が辛いから、アルコールに逃げてやすいってことかしら。

そんなに辛い病気なら、躁鬱病は治る病気なのかしら?

 

躁鬱病って治るの?

躁鬱病は治療に薬を使う場合、気分安定剤や抗精神病薬を利用することが多いそうよ。

薬物療法以外は、認知行動療法や対人関係・社会リズム療法を用いるみたいね。

薬を使って気分の並が緩和されるようにするんだと思うわ。

さらに再発防止のために、生活習慣を含めた心理療法が多く使われれるそうよ。

病気についてよく知って、自分の症状をしっかり理解できるようにするんですって。

薬物療法より、こっちの心理療法のほうが有効的に思えるわ。

自分のことをよく知って、気分の変化による行動の変化を最小限にしていくように意識付けるんですって。

認知療法は躁鬱病じゃなくても、なにか変えたい行動があったら活用できそうよね。

 

肝心の躁鬱病は治るのか、っていう問題について調べてみたわ。

そもそも、精神病は完治という言葉を使わないそうよ。

代わりに、寛解という言葉を用いるの。

「寛解」というのは、症状が落ち着いているという状態のことよ。

精神病は一度起こってしまうと、症状が落ち着いても再発する可能性があるから、完治と言わないんですって。

いくら頑張って治療しても、元の状態に戻すことはできないからだそうよ。

躁鬱病とは一生付き合って生きていかなければいけないってことね。

 

まとめ

山口達也さんの本当の病気「双極性障害(躁鬱病)」について調べてみたわ。

発見が難しい病気な上に、一生付き合っていかなければいけない病気だから、これからが大変ね。

長い目で見て治療をしていかなければいけないわ。

スポンサーリンク