成田緑夢(パラリンピック)事故と怪我の詳細は?夏季パラリンピック出場の可能性も!

成田緑夢(パラリンピック)事故と怪我の詳細は?夏季パラリンピック出場の可能性も!

平昌オリンピックが終わって、寂しく思ってる人はたくさんいるんじゃないかしら。

オリンピックだけじゃんくて、パラリンピックも注目してほしいわ。

中でも『成田緑夢選手』に大注目しているの。

名前を聞いてピンと来た人もいるはず。

そう、成田3兄弟の末っ子の成田緑夢選手に注目しているの。

実は現在、事故に遭って障害者スノーボーダーとして活躍しているのよ。

どんな事故だったのか、詳しく調べてみたわ。

さらに、夏季・冬季両方のオリンピックを目指していた目標はどうなったかも調べてみたわよ。

パラリンピックってあまり馴染みがないけれど、緑夢選手をきっかけに注目しちゃいましょ。

 

平昌パラリンピックの競技時間や放送時間について記事を書いているから、ぜひこっちもチェックしてね。

平昌パラリンピックスノーボード競技日程と放送時間まとめ!日本選手とメダル獲得数!

 

成田緑夢の怪我はどんな事故?

Photo by Chris Biron on Unsplash

成田緑夢って言う名前を聞いて、あれ?っと思った人もいるんじゃないかしら。

そう、トリノ五輪に出場した成田童夢選手の弟なのよ。

成田緑夢の読み味方は「ぐりむ」って読むらしいけれど、なかなか一回では読めないわ(笑)

 

緑夢選手は平昌パラリンピックにスノーボードで出場が決まっているのよ。

緑夢選手は練習中の怪我で足を切断寸前の怪我を負ってしまったの。

自宅のトランポリンで2回転宙返りの練習中に、左足が滑り体制が崩れてしまったそう。

前十字靱帯、後十字靱帯の断裂に半月板の損傷し、さらに動脈も破裂と、内出血も広がるという大事故だったみたい。

足を切断する可能性もあるぐらい損傷は激しかったみたい。

なんとか足の切断は免れたものの、左足の腓骨神経麻痺という障害者等級6級の重度障害者となってしまったの。

事故後練習を再開したのは、退院から半年も経たないときだったそうよ。

まだ足を引きずっていて、30分も充分に歩けない状態の時に父親から練習を再開すると言われたんですって。

痛みに耐えながら冬はスノーボード、夏はウェイクボードの練習を行った緑夢選手。

自分がパラリンピックで結果を出すことによって、障害や怪我でスポーツの引退を余儀なくされた人の夢や希望になるかもしれないと練習を続けたそうよ。

 

今まで普通にスノーボードができていたのに、思うように動かない体で練習を続けて、しかもパラリンピックを目指そうっていう気持ちが尊敬しかないわ。

もしワタシが事故で不通に歩くこともできなくなってしまったら、きっと人生に絶望してなにも行動する気がなくなっちゃうと思うの。

いくら父親から強制されたとは言え、まだ自分にできることがあるって努力を続ける緑夢選手をワタシも見習いたいわ。

緑夢選手は強いメンタルや意志を持っているんでしょうね。

なにか秘訣があるのなら、一度伺ってみたいわ。

 

成田緑夢は夏冬メダル獲得が確実だった?

怪我を負う前、緑夢選手はスノーボードとトランポリンの夏冬両方のメダルを確実とされている成田一家で一番実力のある選手だったの。

スノーボードでは、世界ジュニアの大会のハーフパイプで優勝、トランポリンでは高校の全国大会で優勝した実力の持ち主だったの。

そんな中、事故で怪我を負って五輪への道が閉ざされてしまったのよ。

想像できないぐらいの絶望感があったんじゃないかと思うわ。

そこからパラリンピックを目指し、練習を続けた結果素晴らしい成績を残しているわよ。

北米選手権と2度のワールドカップで3連勝し、さらに2月の世界選手権では3位という好成績を残しているの。

これは平昌パラリンピックもメダルが期待できそうだわ。

メダルだけじゃなくて、日本だけじゃなくて世界中の人たちに夢を与えることができるんじゃないかしら。

[ad#co-1]

障害者スノーボードってなにが違うの?

障害者スノーボードって、普通のスノーボードと何が違うのか調べてみたわ。

障害者スノーボードは男女それぞれ、障害の程度によって3クラスに分かれるんですって。

ひざ上から下肢障害のあるSBLL―1、ひざ下のSBLL―2、上肢障がいのSB―ULの3クラスよ。

ちなみに成田選手は、SBLL―2クラスみたいね。

なんと障害者スノーボードは、2018年平昌パラリンピックから新競技として実施された新しい競技みだそうよ。

複数の選手で同時に滑走してスピードを競うスノーボードクロス、3回の滑走でベストタイムを競うバンクドスラロームの2種目があるのね。

出場するためには、世界ランキング7位以内に入るか、16、17年に開催される世界選手権で優勝し、出場枠を得なければいけないそうよ。

ということは、緑夢選手は世界ランキング7位以内にいるってことなのかしら。

持ち前のスノーボードセンスが、パラリンピックにも活きているんでしょうね。

 

夏季パラリンピック出場の可能性は?

実は成田緑夢選手は、今でも夏冬両方のメダルを獲得することを諦めていないみたいね。

今は障害者スノーボードだけじゃなくて、走り高跳びにに挑戦して練習をしているそうよ。

東京パラリンピックに出場を目標としているんですって。

2017年の日本パラ陸上選手権では、リオパラリンピックの参加標準A記録である1メートル70センチは超える記録を出して2位で終えているわ。

充分に夏のパラリンピックに出場の可能性があるわね!

参加標準記録とは、主に陸上競技や競泳、スピードスケートなどの競技大会で、出場・参加を許可される基準となる記録のことなの。

主に大会主催者から選手に対して設定される基準値なのよ。

この記録を超えてないと、パラリンピックに出場できないってことになるわね。

1メートル70センチはリオパラリンピックの参加標準記録だけど、東京パラリンピックにも充分参加の可能性はあると思うわ。

 

今まで未経験だった走り高跳びに新しく挑戦して、しかも結果を残しているっていうのはすごいわね。

元々の身体能力も非常に高いんだろうけど、かなり努力をしているんだと思うわ。

きっと2020年の東京パラリンピックでは、走り高跳びの種目で成田緑夢選手が出場するというのも現実になりそうね。

夏季パラリンピックに出場すれば、日本人初の夏季・冬季両方のパラリンピック出場となるのかしら。

さらには両方のパラリンピックでメダルを獲得なんてことも、夢じゃないと思うし今後の活躍に期待がかかるわね。

 

まとめ

緑夢選手の怪我は、練習中に起きた事故によるものだそうよ。

腓骨神経麻痺という重い障害を持ちながらも、練習を続けパラリンピックに出場するのは並大抵の努力じゃないでしょうね。

冬季パラリンピックだけじゃなくて、走り高跳びで夏季パラリンピックの出場も狙っているというから驚きよ。

持ち前の運動神経と努力で、夏冬両方のパラリンピック出場も夢じゃないわね。

 

平昌パラリンピックの競技時間や放送時間について記事を書いているから、ぜひこっちもチェックしてね。

平昌パラリンピックスノーボード競技日程と放送時間まとめ!日本選手とメダル獲得数!

 

スポンサーリンク