ドラマ『モンテクリスト伯』あらすじとキャストは?見逃し配信と原作ネタバレについて!

NO IMAGE

復讐のドラマって、結構昔から人気なのね。

今回ディーン・フジオカさんが主演のドラマ『モンテクリスト伯』は1841年フランスの復讐をテーマにしたドラマが原作なのよ。

そんなに昔から復讐劇って人気だったってことになるわ。

みんな結構ドロドロした話が好きなのね。

主役はディーン・フジオカさんだから、華麗で美しい復讐鬼が見れそうね。

そこで、

  • モンテクリスト伯のあらすじは?
  • 出演者はだれ?
  • 原作はあるの?

といった内容について調べてみたわ。

この記事はネタバレも含まれるから、気になる人はスルーしてね。

この記事を読んだら、きっとドラマだけじゃなくて原作も読みたくなっちゃうわよ。

『モンテクリスト伯』のあらすじは?

逆輸入俳優として大人気のディーン・フジオカさんが主演のドラマが始まるわ!

2018年4月19日(木)夜10時からスタートするドラマよ。

まずはどんなストーリーなのかあらすじを紹介するわ。

物語の舞台は、小さな漁師町。柴門暖(ディーン・フジオカ)は、愛する女性・目黒すみれ(山本美月)との結婚が決まり、幸せの絶頂にいた。そんな中、婚約者を奪おうとする恋敵・南条幸男(大倉忠義)、出世を妬む同僚・神楽清(新井浩文)、ある事情を抱えた警察官・入間公平(高橋克典)の保身によって、異国の地の監獄に送られてしまう─。無実の罪で15年間異国の地の牢獄に閉じ込められ、婚約者と自らの未来を奪われた主人公は、思わぬ幸運で獄中生活から逃れ、巨万の富を手に入れた別人となって舞い戻る。

人生を地獄の底へと葬られた2003年から2018年の“空白の15年間”という復讐に満ちた過去と現代のタイムラグをもって描かれていく。その知力と絶大の財力を駆使し、かつて自分を陥れ人生を狂わせた3人の男たちに対して、大胆かつ緻密で華麗な復讐劇を魅せていく─。

引用:モンテクリスト伯公式サイト

異国の地で牢獄に閉じ込められるってどんな気分なのかしらね。

きっと不安でたまらなかったでしょうし、怒りもこみ上げてくるわ。

自分を牢獄に追いやった相手を、同じような目に合わせたいって思うのも分かる気がするの。

でも復讐のドラマっていうのが、ちょっと古い感じがするのはワタシだけ?

どれだけ現代に合うように、話を作っているか気になるわ。

異国の牢獄に閉じ込められるっていう時点で、あまり日本っぽくない気がするのよね。

どんな方法を使って復讐をするのか、さらには復讐を成し遂げた後はどうなるのか、気になるポイントがたくさんあるわ。

どんなストーリー展開になるのか気になりすぎて、放送日が待ち遠しいわね。

 

出演キャストは誰?

今回のドラマは、なかなか豪華なキャストが揃っているわよね。

 

柴門暖 :ディーン・フジオカ

南条幸男 :大倉忠義

目黒すみれ :山本美月

神楽清 :新井浩文

入間公平 :高橋克典

 

ディーン・フジオカさんは最近ドラマによく出演しているけれど、大倉忠義さんや新井浩史さんはあまり見かけない気がするわ。

実は大倉さんは、関ジャニ∞としてアーティスト活動をしている以外にも、舞台俳優や声優としても活動をしているのよ。

そして新井さんは日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞したこともある実力派俳優さんよ。

高橋克典さんもかなり久々のドラマ出演なんじゃないかしら。

高橋さんは「医龍4」や「チームバチスタ3」などに出演をしていたわよね。

最近はスペシャルドラマやネット配信ドラマなどの出演が多かったから、連続ドラマの出演は久しぶりな気がするわ。

山本美月さんは元CanCamのモデルさんよ。

少し前にCanCamを卒業して、ドラマに出演するようになったわね。

最近も「刑事ゆがみ」にも出演していたし、これからは本格的に女優として活動する予定なのかしら。

もしかしたらこのドラマが代表作の1つとなるかもしれないわよ。

スポンサーリンク

原作はあるの?

原作は日本の小説ではなく、海外の小説よ。

フランスのアレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯』(1841年)という小説よ。日本では『巌窟王』という名前で有名ね。

この小説は全7巻という長い小説なのよ。

そんな長い小説をドラマにできるのかしら。

おそらく、小説の一部分をドラマにするんだと思うわ。

かなり長い小説だけど、『モンテクリスト伯』は200年もの間、世界各国で圧倒的な人気を集めてきた小説なの。

これだけ長いと全部読むのは結構大変だけど、間違いなく面白い小説よ。

全7巻を読むのが難しい人は、漫画版や小説をコンパクトにまとめた児童書版もあるから、そっちに挑戦するのもいいかもしれないわね。

ドラマを観たら間違いなく、原作の小説も見たくなっちゃうわよ。

 

見逃し配信の予定はある?

フジテレビ系のドラマだから、おそらくFODで見逃し配信がされると思うわ。

FODプレミアムコースは、通常888円の利用代金がかかるコースなの。

だけど、今ならYahoo!JAPAN IDで31日間無料でお試しができるの!



31日間の無料期間中に解約をすれば、ノーリスクでドラマや雑誌が見放題になるわ。

さらにそれだけじゃないのよ!

毎月FODプレミアム会員になるだけで総計1300ポイント(1300円分)がプレゼントされるされるの。

FODプレミアム会員に毎月付与される100ポイントと、8が付く日(毎月8日、18日、28日)にFODサイトにアクセすると400ポイントがプレゼントされるクーポンを配布中よ。

この1300ポイントで、1話300ポイントの60分ドラマなら4話分も見れちゃうわね。

ドラマを観るだけじゃなくて、ドラマの代わりに漫画を買うこともできる、すごくお得なサービスだと思わない?

 

出演キャストの別のドラマや映画も観れる!

今放送中のドラマの見逃し配信だけじゃなくて、ドラマに出演している俳優さんの別の作品を観ることもできるのよ。

例えば、高橋克典さんが出演している作品なら、「医龍4」や「チーム・バチスタ3」を観ることができるわ。

それに、山本美月さんが出演している「恋仲」や「刑事ゆがみ」を観ることだってできるのよ。



紹介した以外にもたくさんのドラマや映画を観ることが可能だから、ドラマの見逃し配信以外にも楽しめる作品がいっぱいあるわ。

見放題の作品もたくさんあるから、ぜひチェックしてみてね。

※この情報は2018年3月の情報です。最新情報は【フジテレビオンデマンド】
をチェックしてください。

 

原作のネタバレを紹介!

※以下文章はネタバレが含まれます。苦手な人はスルーしてください。

 

そもそも原作は、とっても長い小説なのよね。

しかも、何度も映画化や舞台化がされていて、ラストが原作と違う場合も多いみたい。

その中でも共通しているのはモンテクリスト伯が3人への復讐を成し遂げるという部分ね。

かつての婚約者が登場したり、復讐相手に家族がいたりとモンテクリスト伯はかなり苦悩するの。

復讐は成し遂げるけれど、ハッピーエンドじゃないのが難しいところ。

復讐を成し遂げたモンテクリスト伯や、残された元婚約者もそれぞれ新しい人生を歩むんだけど、交わることはないのよ。

投獄されてから14年、さらに準備に9年もの歳月を費やしてまで行った復讐なのに、ハッピーエンドじゃないっていうのは復讐がテーマだけに仕方がないのかもしれないわね。

ドラマ版では、原作に忠実なラストを迎えるのか、それとも違ったラストになるのか、そこも楽しみにしたいわ。

 

まとめ

ディーン・フジオカさん主演の『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』は、世界的大ベストセラーの「モンテクリスト伯」が原作のドラマよ。

復讐がテーマのドラマだから、ちょっと内容が重そうね。

原作と比較しながら読む意味でも、かなりの長編小説だけど原作の「モンテクリスト伯」も読んでほしいわ。

スポンサーリンク