京都に修学旅行の中学生が食中毒になった食べ物はなに?ホテルの場所や食中毒の原因も!

京都に修学旅行の中学生が食中毒になった食べ物はなに?ホテルの場所や食中毒の原因も!

春から夏にかけては、どうしても食中毒が起こりやすいわよね。

気温が高くなると、食品中の菌も活発化してしまうのが原因みたい。

今度は修学旅行中の中学生が食中毒で病院に運ばれたわ。

楽しいはずの修学旅行が一変してしまったのは非常に悲しいわね。

中学生が泊まっていたホテルや、食べた食事について調べてみたわ。

食中毒が起きたホテルはどこ?

Photo by jesse orrico on Unsplash

楽しいはずの修学旅行で食中毒になるなんて、非常に悲しい思い出になってしまったわね。

食中毒が起きたとされるホテルは、京都堀川にある「ホテルルビノ京都堀川」というホテルよ。

京都御所のすぐ近くにあるホテルで、共立共済ホテルだから、修学旅行で利用する学校も多かったんじゃないかしら。

公立共済っていうのは、学校の組合のことで、正式名称は「公立学校共済組合」というそうよ。

ホテルルビノ京都堀川は学校の組合に加盟しているホテルということになるわね。

 

食中毒の原因の食べ物はなに?

食中毒の原因は、ホテルで食べた夕食が原因とされているわ。

夕食を食べた中学生51人と引率教員1名が発熱は嘔吐の症状を訴えて、ホテルに運ばれているの。

学校の規模にもよるけれど、1学年3クラスぐらいあると仮定すると、学生の総数は100名を超えるわね。

今回症状を訴えている生徒は51名だから、およそ半分ぐらいの生徒に食中毒の症状が出たってことになるわ。

 

一体原因はどんな食べ物なのかしら?

まだ調査段階中で、詳しい情報は分かっていないの。

分かり次第、ご連絡するわね。

刺し身やサラダなどの生モノって可能性もあるし、肉料理や魚料理が原因って可能性も考えられるわね。

どちらにせよ、大量に作り置きすることになるから、食中毒の危険性は高まってしまうわ。

まだ6月って思いがちだけど、すでに暑い日もたくさんあるから、食中毒に対して細心の注意をしなければ行けない季節よ。

日本商品衛生協会によると、食事を作る際の手洗いなども大切だし、食品を保存する際は温度管理が大切と書いてあったわ。

温かい料理だと65度以上、冷たい料理だと10度以下が目安だそうよ。

修学旅行でたくさんの人が1度に食事をすることになるから、食事を作るのも保存するのも非常に大変よね。

けれど、調理や保存が適当になってしまうと、食中毒が発生しやすくなってしまうから気をつけてほしいわね。

スポンサーリンク

 

ホテル以外で食べたものの可能性は?

実は原因はホテルじゃなくて、日中に食べた食事かもしれないって疑問も出てくるわよね。

症状を訴えたのが15日午後11時20分ごろと夜中に症状を訴えているのよね。

食中毒の症状が出るのは、菌の種類によって半日〜7日、8日と様々なの。

ホテル以外で食べたものが原因となっている可能性も充分にありえると思うわ。

けれど、生徒51名と人数が多いことから、ホテルでの食事で食中毒になったって可能性が高いんでしょうね。

どの食事から食中毒になたのか原因がはっきりしないと、正確なことははっきり言えないわ。

 

まとめ

京都に修学旅行中の中学生が食中毒で運ばれたニュースについて調べたわ。

楽しいはずの修学旅行が一変してしまったわね。

だんだん暖かくなってくるこの季節は、食中毒に充分注意して調理をしてほしいわ。

衛生面と効率と、うまく両立してほしいわね。

スポンサーリンク