2018火星大接近を千葉で観るピーク時間と方角は?スマホで綺麗に撮影する方法も!

2018火星大接近を千葉で観るピーク時間と方角は?スマホで綺麗に撮影する方法も!

星を見に行ったり、プラネタリウムに行く人って少ないんじゃないかしら。

今年の夏は15年ぶりの素晴らしい天体ショーが見れるのよ。

それは、『火星大接近』なの!

見れるのは7月31日だから、友達や恋人を誘って見に行くのはどうかしら?

最近はスマホで夜空を綺麗に撮影できるグッズもあるし、一緒にゲットしておきましょ!

そこで、

  • 火星が最も接近するのはいつ?
  • スマホで火星を撮るコツは?
  • スマホで火星を撮影するためのおすすめアイテム!

などの疑問についてお答えするわ。

この記事を読めば、スマホで綺麗に「火星大接近」が撮影できちゃうわよ。

火星が大接近するのはいつ?

2018年に「火星大接近」が見れるのは、7月31日なのよ。

最も火星が接近するのは7月31日16時50分なんですって。

けれど、日本だと明るくてよく見れないから、おすすめは夜の9時ごろだそうよ。

南東の方角に赤く輝く星を見つけたら、それが火星に間違いないわ!

 

実は火星が地球に大接近するのは、15年ぶりのことなの。

今の小学生や中学生は生まれていなかったわね。

普段は木星のほうが明るく輝いているから、火星はよく見えないんですって。

滅多にないチャンスだから、しっかりと火星を観察したいと思わない?

今ならスマホでも簡単に観察や撮影ができるアイテムが販売しているから、今のうちに準備しておきましょ。

 

 スマホで火星を撮影するコツ!

最後にここではスマホで火星を撮影するコツを教えちゃうわ。

まずカメラの設定のポイントが3つあるの。

  • フラッシュはオフ
  • 夜景モード
  • ISO感度を上げる

フラッシュをオンにして写真を撮ると、全体的に白っぽくぼけてしまって月が綺麗に撮影できないわ。

あらかじめフラッシュはオフにして撮影しましょ。

それと同じで、夜景モードを選んで撮影すると、自動的にきれいに映るように設定してくれるから、普通に撮るより綺麗に映るわ。

そして、ISO感度という光の取り込む設定を高くしておくこと。

ISO感度を高く設定すると、暗い場所でも光をたくさん取り込むから、綺麗に写真が撮れるの。

その代わり、シャッタスピードが遅くなるから、手振れが起きやすくなるのが問題なのよね。

 

スマホで火星を撮影するためのおすすめアイテム!

最後に、スマホで星を撮影するためのおすすめアイテムを4点紹介するわ。

1点目はスマホ用三脚よ。

とりあえず、絶対ゲットしたいアイテムね。


スマホ用三脚  デジカメ用三脚 スマートフォン セルカ棒 シャッター付き ワイヤレスシャッター カメラ 写真 セルフカメラ 自分撮り棒

これがあれば、夜景モードでシャッタースピードが遅くても、手振れが起きないからピントの合った写真が撮れるわ。

夜景モードで撮影すると、長時間シャッターが開くから、普通に手で持って撮影するとブレてしまって上手く写せないの。

そんなときは、スマホ用の三脚があれば手振れせずに写せるから、綺麗な写真が写せるわよ。

スマホ用の三脚は、夜景の撮影だけじゃなくて、グループで集合写真を撮るときにも便利だから、持っていて損しないアイテムね。

次におすすめするのは、スマホ用望遠レンズよ。


iPhone8 iPhone・スマホ 望遠レンズキット 光学 12倍 三脚付 iPhone7 iPhoneSE/6s/6sPlus スマートフォン対応 アンドロイド セルフィー カメラレンズ 旅行

夜景を撮るときに、スマホのズームをすると画像が荒くなって、綺麗な写真にならないわ。

そこで便利なのが望遠レンズ。これで星も大きく写せるわよ。

そんなに高いアイテムじゃないから、1個買ってもいいんじゃないかしら。

望遠レンズではないけれど、スマホ用の天体望遠鏡も売っているのよ。

火星だけじゃなくて、月とか星を観察するときに、あるととても便利ね。

35倍まで見れるから、月のクレーターもはっきり見れる優れものなの。

もちろん写真や動画の撮影もできるから、スマホ用望遠レンズの代わりに天体望遠鏡を買うのもアリよね。

最後にに紹介するのは、ちょっと本格的な雰囲気の望遠鏡よ。

これ、スマホに付けて見ることができる望遠鏡なの。

三脚も付いてくるから、これだけ買えば他の物を買う必要はないわね。

手のひらサイズに収まるコンパクトな望遠鏡だから、持ち運ぶのにも最適よ。

重さはわずか約400gだから、女性でも問題ないわね。

火星をみるだけじゃなくて、子供の運動会とか、ディズニーに遊びに行くときとか、大活躍間違いなしのアイテムよ!

 

まとめ

火星大接近が見れるのは2018年7月31日で、15年ぶりの天体ショーなのよ。

最も接近するのは夕方になるから、日本なら午後9時頃が綺麗に見れる時間だと思うわ。

南東に輝く赤い星が火星だから、ぜひ探してみてね。

スポンサーリンク