EDCJAPANで使えるロッカーやクロークはあるの?料金や穴場の場所も紹介!

NO IMAGE

EDC JAPANのイベント中、できるだけ身軽で楽しむために利用したいのがロッカーよね。

イベントによっては、クロークを作って荷物を預かってくれるイベントもあるわ。

駅のロッカーに荷物を入れてイベントを楽しむ、って方法もあるわね。

荷物をどうするか、どこに預けるかは考えておいたほうがいいわよ。

ワタシはなるべく荷物少な目で行って、会場近くのロッカーやクロークに預けることが多いわね。

そこで、

  • EDC JAPANではクロークってあるの?
  • マリンスタジアム周辺のコインロッカーはどこ?
  • 穴場のコインロッカーの場所は?

といった疑問についてお答えするわ。

この記事を読めば、ロッカーについてのお悩みは解決しちゃうわよ。イベントまでにしっかりチェックして、全力でEDC JAPANを楽しみましょ。

 

EDC JAPANについて他にも記事を書いているから、こちらを開きながら残りの記事を読んでね。

EDCjapan2018のチケット発売日と入手方法は?種類と価格や当日券についても!

EDCjapanの会場の行き方や最寄り駅は?近隣駐車場の場所や料金も!

EDCjapan2018のレディースおすすめファッションは?初心者必須アイテムまとめ!

 

EDC JAPANのクロークはあるの?

公式サイトには載っていなかったけど、調べてみたらクロークを用意しているみたいね。

ただし料金が2,000円とかなり高め!

じゃあ、マリンスタジアム内のコインロッカーを探せばいいじゃん!って思った人。

それはできないから注意してね。

クロークもしくはコインロッカーどちらかを選択して、どちらも料金2,000円なの。

通常のコインロッカーはないから、会場内に預ける場合は必ず2,000円必要な仕組みね。

確かに平等だけど、料金が高い!

もう少し安くしてくれないかしら…。

VIPだと専用のクロークがあって、料金は取られないらいしから、最初からVIPチケットを購入するっていうのもアリかもしれないわ。

確かに会場のクロークなら便利だけど、できれば安いコインロッカーを探したいわよね。

 

海浜幕張駅周辺のコインロッカーはどこ?

次に安く荷物を預けたいなら、通常のコインロッカーに入れたいわよね。

海浜幕張公園内にロッカーはなくて、海浜幕張駅か幕張メッセのコインロッカーになるわ。

海浜幕張駅は改札内と改札外(南口階段降りてすぐ)の2か所にあるの。

改札内

サイズ 料金 数量
257×355×575(mm) 300円 2個
316×355×575(mm) 300円 40個
550×355×575(mm)(キャリーバッグ可) 500円 24個
843×355×575(mm)(スーツケース可) 700円 8個

suicaと現金両方使えるタイプのロッカーよ。

改札外

サイズ 料金 数量
316×355×575(mm) 300円 75個
550×355×575(mm)(キャリーバッグ可) 500円 12個
843×355×575(mm)(スーツケース可) 700円 4個

こちらは現金のみのロッカーよ。

両替機も近くにあるから安心ね。

ただし、どちらも一般の人も使うし数に限りがあるから、かなり早い時間に行かないと、ロッカーが埋まってしまうわよ。

幕張メッセならたくさんロッカーがある!って思った人もいるわよね。

そこで幕張メッセのロッカーについても調べたわ。

スポンサーリンク

 

幕張メッセのロッカーは使えるの?

もちろん幕張メッセにもたくさんのコインロッカーはあるわよ。

ただ、幕張メッセに荷物を預けようと思うと、時間的にロスになるのが問題ね。

さらに2018年は『EXILE THE SECOND』のライブが行われているから、幕張メッセは非常に混雑が予想されるわ。

ロッカーを使う人も多いだろうし、幕張メッセのロッカーに入れるっていうのはおすすめしないわね。

じゃあ、どこのロッカーがオススメなのか。それは次で教えちゃうわよ。

 

穴場のコインロッカーを教えます!

穴場のコインロッカーは…

ずばり、『イオンモール幕張新都心』のコインロッカーよ!

実はマリンスタジアムからイオンモール幕張新都心は割と近い場所にあるの。

メインのグランドモールなら22:00まで営業してるし、食品売り場なら23:00まで営業しているから安心よ。

有料だけど、イオンモールから海浜幕張駅や幕張本郷駅までのバスが出ているから、それに乗れば駅まで楽ちんね。

イオンの中だから、小さいロッカーしかないけれど、ちょっとした荷物を入れるなら小さくても充分使えるわ。

ついでにご飯を買ったり、食べたりしてから帰ることもできるわ。

日中はとても混んでるけれど、夜になれば空いてくると思うから、意外と使い勝手がいいと思うの。

安く荷物を預けたい!って場合は、イオンモール幕張新都心の利用も考えてみてね。

 

まとめ

荷物をどこに預けるかは、大きな問題だから、しっかり決めておきたいわね。

お金はかかるけれど一番便利なのは、会場のクロークに預けること。

荷物を取るためにどこかに寄る必要がないし、空いてるロッカーを探す必要がないもの。

安いロッカーを探すのも手だけど、早くロッカーを確保しておかなきゃだったり、遠回りしなきゃいけなかったりするわね。

どちらにするかは、しっかり決めてからEDC JAPANを楽しみましょ。

 

EDC JAPANについて他にも記事を書いているから、ぜひこっちもチェックしてね。

EDCjapan2018のチケット発売日と入手方法は?種類と価格や当日券についても!

EDCjapanの会場の行き方や最寄り駅は?近隣駐車場の場所や料金も!

EDCjapan2018のレディースおすすめファッションは?初心者必須アイテムまとめ!

 

スポンサーリンク